【体験レポート】ピラティススタイルでレッスンを実際に受けた内容・感想は?

ピラティス体験レッスンに行ってきた。

以前からずっと気になっていたピラティススタジオがあったので、体験レッスンに行ってきました。

今回はマンツーマン指導でピラティスマシンを使用したレッスン(これをプライベートレッスンと言います)を受けるというのが主な目的です。

行ってきたスタジオは「ピラティススタイル(Pilates Style)」というピラティス専門のスタジオです。

ピラティススタイルは関東・関西・東海に40店舗以上の店舗を幅広く展開をしています。

体験レッスンはネットから自分のアクセスのしやすい場所・時間帯を選択して気軽に申し込みができます。

申し込みからマンツーマンでのピラティスレッスンを受けるまでの実際をレポートします!

 

 

体験レッスンの検索&申し込み方法はとても簡単

まずはネットからこのページで体験レッスンを申し込んでみましょう!

関東・関西・東海のカテゴリーがありますので、最初にエリアを選択。

スタジオの場所を選ぶと、そのスタジオのレッスンスケジュール画面が表示されます。

Pilates 申し込み.001

ここから申し込みページへ

Pilates Style 体験.001

スタジオの場所とレッスン内容を検索

 

以下のように各スタジオのカレンダーが、グループレッスンとプライベートレッスンで分けて表示されます。

自分の予定に合わせて自由に選択ができます。
グループレッスンの方が様々なクラスがあって、空き状況も余裕があることが多いです。

希望のレッスンを選択した後に、簡単な基本情報を入力するだけで申し込みは完了です。

Pilates Style 体験.002

グループレッスン(数名で行う)の空き状況

Pilates Style 体験.003

プライベートレッスン(マンツーマン指導)の空き状況

 

体験レッスンの空き状況やレッスン内容はスタジオによって異なります。

近くのスタジオで空きがない場合は、他のスタジオのスケジュール画面も確認してみると空きがあることがあるのでまずはそこで体験をしてみてもよいかもしれませんね。

また、スケジュール画面は随時更新されていますので気になったスタジオは適宜チェックをしてみるとよいですよ!

*私はプライベートレッスンが希望していまたが、最初は空きがない状態でした。
しかし、数日後に再度スケジュールを確認すると更新されていて希望の曜日・時間帯に申し込むことができました。
特に月替わりのタイミングは要チェックです!

 

 

 

申し込みをした後はスタジオから連絡がきます

ネットで簡単に申し込みは完了です。

その後、数日後に希望したスタジオからメールがありました。

内容としては体験レッスンの申し込みの確認と、当日の時間や持ち物の確認の連絡です。

メールでもやりとりが可能ですが、私は一応電話で確認をしました。
電話では非常に親切な対応で安心感を与えてくれました。

メールまたは電話で確認をしたら、事前に行うことはすべて完了!
あとは当日スタジオに行くだけです。

 

 

 

当日の体験レッスンの流れ(プライベートレッスン)

Pilates Style 体験.004

ピラティススタイルのエントランス

当日は動きやすい服装さえもっていけば、あとは手ぶらでOKです。

【補足】ピラティススタイルの体験レッスンの料金は?
・グループレッスン:1000円(税込)
・プライベートレッスン:5000円(税込)

まずはロッカーに案内されて、着替えと貴重品を預けます。
ウォーターサーバーもありますので、特に水分も持っていかなくても問題ありませんでした。

その後、簡単なアンケートの記入をします。

アンケートの内容を元に、当日の担当してくれるピラティスインストラクターさんと10分間程度ピラティスの経験やピラティスでどのような効果を期待するかなどを確認します。

*ちなみに。
私は理学療法士でピラティスの経験もあることを話すと、話が盛り上がって15分くらいは色々は雑談も交えて話していたと思います。
理学療法士でこのスタジオに通っている方も多いようですよ。

また、basiピラティスのインストラクターさんだったので、医療分野とピラティスをリンクさせることにも知識が豊富でとても話しやすかったです。

 

 

プライベートレッスン開始!

Pilates Style 体験.005

スタジオ内はとても綺麗で広々

まずは身体のチェックとマット上での基本エクササイズ

レッスン時間は基本的に約60分間です。

隣ではフォームローラーを使用したグループレッスンが行われていました。

最初は立位でのロールダウン・アップ。(立位での前屈して戻る動き)
脊柱の滑らかさと呼吸を確認してゆきます。

次はマット上での骨盤の運動・チェストリフトなどを行って基本となるニュートラルの確認・体幹のコアマッスルを促通してゆきます。

 

次はピラティスマシンを使用したエクササイズへ!

Pilates Style マシン.001

このレッスンで使ったピラティスのマシン

まずはリフォーマーを使用して、フットワークや上肢のエクササイズ。
マシンが身体への気づきを与えてくれるのでエロンゲーションの意識(上下に身体を伸びるイメージを作ってコアマッスルを目覚めさせる)を向けやすかったです。

その他、キャデラックやバレルなど今まで使ったことがないマシンも体験できました。

キャデラックでは自分の課題の一つであった肩甲骨の内転・下制のコントロールが練習できました。

特にバレルは体幹の側屈方向へのストレッチがとても気持ち良かったです。
今まで味わったことのない感覚でした。すばらしい!
かつ、腹斜筋でのコントロールも要求されてトレーニング効果としても抜群。

 

レッスン中は終始ピラティスインストラクターが自分の動きを確認しながら、必要に応じて声かけやタッチや動きのアシストをしてくれるので初めてのマシンピラティスも安心して行うことができました。

また、安全性が第一なので自分の関節の可動域や筋力的に難しい動きがあればすぐにインストラクターがエクササイズの内容を調整してくれます。
無理せずに適宜コミュニケーションをとりながら進めてゆくとよいと思います。

 

一連のエクササイズが終了したら、最初におこなった立位でのロールダウン・アップの動きを確認して終了です。

レッスン前よりも明らかに脊柱の柔軟性が高まったことが体感できました。
特に腰椎部の屈曲が入りやすくなりました。

 

体験レッスン終了後

体験レッスン後は、ピラティスインストラクターから感想を簡単に質問、ピラティススタイルの入会の方法と通常のレッスンの内容などの説明がありました。

当日入会すると体験レッスン料は無料になったりとお得にはなるようです。
入会を強要するなどは一切ありませんでした。

「興味があればまたいつでも連絡してくださいね!」といった感じでした。

帰り際に数名がピラティスのティーチングの練習っぽいことをしていたので聞くと養成コースの方とのことでした。

 

 

まとめ

ピラティススタイルの体験レッスン(プライベートレッスン)の「申し込みからレッスンを受けるまでの実際」をレポートしました。

ネットで申し込みをしてから当日レッスンを受けるまでは3日程度。
非常にスムーズにレッスンが受けることができました。

スタジオのスケジュールさえ空いていれば、前日でも申し込みは可能です。

今回はプライベートレッスンでしたが、グループレッスンの枠は多く開催されていますのでもっと気軽に体験ができるかと思います。

ピラティスはまずは体験してみないとその良さはわかりません。

私のように経験者でも快く対応して下さいます。
今までとは違う団体のピラティスを受けてみるのもとても新鮮で勉強になりました。

まずは一度お近くのスタジオでピラティスの体験レッスンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

関連記事



Pilates CTA2.001

まずはピラティスを体験してみよう!
東京・大阪・名古屋のお近くのスタジオが簡単に検索ができます

2 件のコメント

  • いつもお世話様です。
    ピラティススタイルさんへ体験行ってまいりました。

    最初に ・一年前に腰椎を骨折した事
        ・運動は苦手で子供の頃から体育も運動も好きでない自分の目的は
         リハビリとこれからのケガの予防である事をしっかり伝えました。

    ピラティスは初めてではありませんが 普段は広い体育館内の
    15名くらいの中の一人でしかない環境と違って
    4人でしたので 緊張の時間の中でも
    優しくわかりやすいインストラクターの方でしたので 
    リラックスした 良い時間が持てました。
    ピラティス前まで 少し感じていた腰の違和感も
    昨晩からなくなりました(恐るべしピラティス(笑))

    結果  入会しました(*゚▽゚*)
    これから 月4回新たに楽しみな時間が増えそうです。
    ピラティス 辛い時もありますが 楽しいですね

    • asashin様

      早速ありがとうございます!

      ピラティス専門のスタジオでのレッスンは大人数で行うピラティス教室などよりも、きめ細やかな指導が受けれられるので効果もでやすいかと思います!

      すごいですね、恐るべしピラティス(笑)

      素晴らしい!
      入会もされたのですね。

      確かにピラティスは上手くいかないときもあって、辛いときもあるかもしれません。
      でも、ピラティスを通じて感じられる自分の体の変化を楽しみがら続けられるといいですね。

      また、近況報告お待ちしております。

  • ご質問やコメントはこちらからどうぞ!