妊娠・出産後の「骨盤のゆがみ」はピラティスで整えよう!

スポンサーリンク

出産後のお母さんの身体をケアしよう

妊娠・出産は人生において一大イベントですよね。

なによりも気になることは、無事に赤ちゃんが生まれてくることでしょう。

一方で妊娠・出産はお母さんの身体にとっても非常に大きな影響を与えます。

出産自体とても大変なのですが、出産による体のダメージの回復をゆっくりと待っている暇もなくすぐに慣れない育児が始まります。

特に第1子の場合には右も左もわからない状態での育児ですので、精神的にも肉体的にもかなり強いストレスを抱えることになります。

数時間おきの母乳やミルクに追われ、夜泣きも始まれば十分に眠れない日々がしばらくつづきます。

しかし、赤ちゃんの健康はもちろん気になりますが、お母さんの体調もケアをすることが赤ちゃんと同じくらい大切なことなのです。

 

 

 

妊娠・出産によって女性の体に起こるトラブル

妊娠・出産による女性の体の変化とそれに伴うトラブルについては近年ウィメンズヘルスの領域で様々な報告がされています。

出産を終えた直後は症状は軽度であったとしても、育児中の誤った体の使い方などによって症状が強くでてきたりすることもあります。

出産後に多いトラブル

①運動器の問題(腰痛、恥骨痛や仙腸関節痛、尾骨痛、股関節痛など)
②尿失禁・臓器下垂
③産後うつ

やや上記の内容ではわかりにくいですよね。
すこし噛み砕いていきましょう。

 

①運動器の問題とは?→「骨盤のゆがみ」の問題

運動器というのは骨・筋肉のことを示します。

運動器の問題とは、簡単にいってしまうと「骨盤のゆがみ」からくる影響です。

妊娠・出産によってリラキシンというホルモンの影響で骨盤の靭帯が緩むため骨盤が広がりやすくなります。

骨盤を構成している関節がずれやすくなっている状態なので、いわゆる「骨盤のゆがみ」が生じやすくなります。

「骨盤のゆがみ」は腰痛や股関節痛の原因となります。

ちなみに骨盤が広がったままの状態ではお尻が大きく見えたりと、美容的な面でも影響があります。

 

 

②尿失禁・臓器下垂とは?

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)

骨盤の底の部分を構成する骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)という重要な筋肉があります。

骨盤底筋群はおしっこを我慢するときに働く筋肉です。
また、骨盤内の臓器がそれ以上下がらないように支えてくれています。

骨盤底筋群は経腟分娩(通常の下から産む方法)の際に一部損傷することがあり、産後のトラブルの原因となります。

骨盤底筋群が損傷をするとおしっこが我慢することが十分にできなくなり、尿失禁につながります。

 

 

③産後うつとは?

これは一見、育児による疲労や不安など混同されてしまって気づきにくいケースがあります。

しかし、産後の急激なホルモン変化によって精神的に非常に不安定になる時期がありうつ症状を呈する場合があるの注意が必要です。

産後うつの時期や長さには個人差があります。
産後2~3週間頃から発症する人が多いですが、産後3~4ヶ月が過ぎてから症状が出ることがあるとされています。

 

 

 

妊娠・出産後の「骨盤のゆがみ」はどうしたら治る?

上記した①「骨盤のゆがみ」②「尿失禁・臓器下垂」の共通の問題点は、
体幹のインナーマッスルといわれる腹横筋(ふくおうきん)と骨盤底筋群の機能不全が原因とされています。

 

【腹横筋(ふくおうきん)って何?】

腹筋には腹直筋・腹斜筋・腹横筋があります。
腹横筋は腹筋の中でも一番奥のほうにある筋肉で、お腹全体をコルセットのように取り囲んでいます。

腹横筋は天然のコルセットともいわれます。

腹横筋が適切に働いていないと、どんなに腹直筋などの表面の筋肉を鍛えても体幹の安定性は十分に得られません。

特に妊娠や出産後は一般的な腰を強く丸めるような腹筋運動は逆効果にもなりかねませんので注意が必要です。

まずは身体に負担をかけずに腹横筋の働きを高めることがとても重要です。

腹筋群 版権:  / 123RF 写真素材

腹筋群
版権: / 123RF 写真素材

 

 

この腹横筋と骨盤底筋群という筋肉が機能不全を起こすのは、妊娠・出産によって、過剰に引き伸ばされたり損傷される可能性があるためです。

「骨盤のゆがみ」は骨盤を構成する関節がズレやすく不安定な状態になっていることで生じます。
そして、関節のズレは痛みを誘発します。

一つの対応策としては、骨盤ベルトを装着して外側から圧を加えることで骨盤を安定させることです。

しかし、これはベルトに頼っているだけの状態ですからベルトを一旦外してしまえば再び不安定になってしまいます。

根本的に骨盤のゆがみ(骨盤の不安定性)を改善させるには、妊娠・出産によってダメージを受けた腹横筋と骨盤底筋群の働きを戻してあげる必要があります。

 

 

 

腹横筋や骨盤底筋群の機能改善にはピラティスが効果的!

44274407 - pregnant woman pilates exercise spine twist with wave corrector and personal trainer

妊娠中からもピラティスは行えます

腹横筋や骨盤底筋群は体幹のインナーマッスルとして重要な筋肉です。

ピラティスというエクササイズは体幹のインナーマッスルをトレーニングするのに非常に適しています。

ピラティスはリハビリテーションを起源としていますので、妊娠・出産によってダメージを受けたお母さんの身体のケアにも最適なのです。

腹横筋は呼吸運動において重要な役割を果たしています。

ピラティス呼吸は常に腹横筋を働かせる特徴的な方法であり、ピラティスの呼吸法を練習するだけでも十分トレーニングになります。

無理な腹筋運動をしなくても安全に腹横筋を働かせることができるのです。

骨盤底筋群に関しては普段はなかなか意識することが難しい場所です。
「骨盤底筋群の力を入れる!」と言われても、何をどうしたらよいのかわらないかもしれません。

しかし、ピラティスではインストラクターによる適切な言葉がけ(キューイングとも言います)やボールなどのアイテムを使用することで骨盤底筋群の働きを活性化してゆくことができます。

 

 

まとめ

妊娠・出産によって女性の体には様々なトラブルが生じます。

その中でも多くの女性が気になる「骨盤のゆがみ」

「骨盤のゆがみ」は体幹のインナーマッスルの一部である腹横筋と骨盤底筋群という筋肉をトレーニングすることで整えることができます。

身体に負担をかけずにこれらの筋肉をトレーニングするにはリハビリ生まれのピラティスが効果的です。

出産後はお母さんは育児に追われて自分の体をケアする余裕がないかもしれませんが、お母さんが倒れては子供も困ってしまします。

お母さんの体のケアも少しずつ行っていきましょう!

呼吸法を意識しながら適度な運動をすることは精神的なリフレッシュ効果もありますので、育児ストレスの発散にもよいですよ。

 

 

関連記事



Pilates CTA2.001

まずはピラティスを体験してみよう!
東京・大阪・名古屋のお近くのスタジオが簡単に検索ができます

ご質問やコメントはこちらからどうぞ!