【ピラティスの始め方】初心者にオススメな服装・マット・本を解説!

スポンサーリンク

「ピラティスを始めてみようかな?」と思っている方へ

この記事はピラティスを始めてみようかなと思っている方、初心者の方への記事です。

ピラティスに興味を持たれて「始めてみたいなー」と思ったら、どうしたらいいでしょうか?

最初はピラティスがそもそも何が良く分からないかもしれませんが、
「なんだか体に良さそうだ」
「楽しそうだ」
「いいことがありそう」と思ったらとりあえず体験してみるとよいです。

あまり難しく考えずにとりあえずトライしてみましょう。

自分に合うかどうかはやってみないとわかりません。

最初は自宅で本やDVDからでもいいし、ピラティススタジオで体験レッスンを受けるのもいいですよ。

初心者がピラティスをするときに用意しておくとよいものを紹介します。

 

 

①ピラティスをするときの服装・ウェアは?

最初は動きやすければなんでもいい

ピラティスは身体全体を動かすエクササイズです。

簡単でやさしい運動から最初はスタートするので、誰でも安全に始めることができます。

ただ、エクササイズで体を動かすので動きやすい服装だけは用意しておきましょう。

ジーパンで運動したら動きにくいですよね。

注意するのはそれくらいです。
特別に用意する必要はありません。

上はTシャツ・下はスエットやジャージでもOK。
(特に自宅で行う場合はなんでもいいです。)

*足を開いたりするエクササイズがありますから、スカートや短パンは避けた方がいいかもしれません(ハーフパンツは問題なし)

 

シューズは必要?

ピラティスは基本的に室内で行うエクササイズですから、シューズは必要ありません。

寒くなければ靴下も無しのほうがいいでしょう。

裸足のほうが運動するときに感覚が入りやすいからです。

 

ピラティススタジオでのレッスン受けるときの注意点はある?

ピラティススタジオでレッスンを受ける場合も、特別に決まりはありません。

ただし、グループレッスンなど他の参加者と一緒にレッスンを受けたりするときにあまりにもラフすぎる格好をしていると浮いてしまうかもしれません。

 

おすすめなピラティスウェアは?

基本的に動きやすければなんでもいいですが、せっかくだからピラティス用にウェアを買いたい!という人はこんなポイントを意識するとよいです。

 【ピラティスウェア選びのポイント】
 ①伸縮性のある素材を選ぶ
 ②薄い素材を選ぶ
 ③身体のライン・動きがわかるものを選ぶ
 ④動いても音の鳴らない素材を選ぶ

どうせ買うならおしゃれでカッコイイウェアにしたほうが、モチベーションも上がりやすいですよ。

カタチから入るのも意外と大切です。

詳しく知りたい方は初心者におすすめ】ピラティスウェアの選び方 -効果を高めるポイント4つ-をご覧ださい。

 

 

②ピラティスするときに自分用のマットは必要?

ピラティススタジオに行くときは不要

ピラティスはマットピラティスとマシンピラティスという2種類に大きく分かれています。

初心者の方は基本的にはマットピラティスをいうマット上でのエクササイズが中心になります。

マットはピラティス用のマットというのは特別なく、一般的なヨガマットで十分対応できます。

ピラティススタジオでレッスンを受ける際にはスタジオにマットはありますから、マットを持参する必要はありません。

スタジオでのマットは他人が使用したものを共有することになりますから(毎回使用後は消毒している)、それが気になる方は持参しても OKです。

 

自宅でピラティスをするならマットだけは準備しよう

自宅でピラティスをしようと思った場合には、最低限マットは準備をしておいたほうがよいです。

ヨガマットは最近はスポーツショップや雑貨屋など様々なところで購入することができます。

安いものであれば1000円以下でも購入できます。

ただし、あまりにも安いものは品質的に少々問題がある場合も。
すぐにへたってしまったり、表面の素材がボロボロとはがれてきてしまうことがあります。

私も自宅で継続的にピラティスを実践していますが、おすすめなヨガマットはヨガワークスのマットです。

このヨガワークスのマットは4000円もあれば購入できます。

アマゾンなどを見てみると様々なマットがありますが、最初はこれで十分です。
2年〜3年は全く問題なく使用でき、耐久性もバッチリです。

マットの厚さだけには注意しましょう!

厚さ3mmの商品もありますが、3mmだと薄すぎてエクササイズ中に膝などが痛い場合があります。

6mmのマットがオススメです。

 

 

③自宅でピラティスするならマット以外に何か必要?

自宅でピラティスをするなら最低限ヨガマットを準備しておきましょう。

マット以外にもちょっとしたアイテムがあるとピラティスをより効果的に行うことができます。

初心者にオススメなのは、セラバンド(チューブ)とミニボールです。

 

1)セラバンド(チューブ)

一般的に「セラバンド」「トレーニングチューブ」などと言われます。

これはあらゆるエクササイズで幅広く使えるアイテムです。

チューブは腕で引っ張って使うというイメージが強いかもしれませんが、これだけで体幹や下肢への適度な負荷を加えることもできます。

【セラバンドの使用例】

ピラティスの基本となる呼吸法もこのセラバンドを使用するとわかりやすくなりますよ。

セラバンドを用いた呼吸練習方法

セラバンドを用いた呼吸練習方法

 

 

2)ミニボール

ミニボールもセラバンドと同様に気軽に使用できるアイテムです。 

エクササイズの難易度を高めたり、安定性を与えたりすることができます。
 
ボールという不安定な形状を使用することで、普段は鍛えにくいインナーマッスルを目覚めさせることができます。
 
 

【ミニボールの使用例】

お尻上げのエクササイズの時に膝の間に挟むだけです。
これだけで効果が倍増します。

ボールを挟んで安定させる

膝にボールを挟んで安定させる

 

 

 

④初心者にオススメなピラティスの本は?

まずはこれをサラッと読んでおこう!

ピラティスの初心者、そうでない人にもオススメな本はこちらです。

渡辺満里奈さんがモデルで基本的なピラティスエクササイズをフルカラーで美しく表現しています。

この本の素晴らしいところは、エクササイズの解説だけではありません。

  ・ピラティスとは何か?
  ・ピラティスの歴史
  ・ピラティスの本質とは?

これらがとてもわかりやすくまとめられているのでとりあえずこの1冊があればOKです。

私も何度も何度も読み返しています。

初心者の方は深く読み込もうとはせずにサラッと目を通しておくだけでもいいですよ。

 

ダイエット関連の本やDVDを知りたい方はこちら

ピラティスはダイエット・スタイルアップの手段としても適しています。

特に健康的に身体づくりをしたい人にはとってもオススメ。

そんな内容とダイエット関連の本・DVDをこちらの記事で詳しく解説しています。

ピラティスで健康的にダイエットをしたい人へ -おすすめ本・DVD3選-

ピラティスで健康的にダイエットをしたい人へ -おすすめ本・DVD3選-

2017.06.08

 

 

興味があるなら、まずはピラティスを体験してみよう

初心者の方がピラティスを始めようと思ったときに、特別に準備しなければいけないというものはありません。

ピラティスに興味があったら、まずは動きやすい服装だけ持ってピラティススタジオの体験レッスンに行けばいいだけです。

なにごともやってみないとわかりません。

試してみて自分に合わないなと思ったら辞めればいいんです。

体験レッスンであれば1000円から受けることができます。

自分の近くのピラティススタジオを検索してみてみましょう!

 

 

関連記事



Pilates CTA2.001

まずはピラティスを体験してみよう!
東京・大阪・名古屋のお近くのスタジオが簡単に検索ができます

ご質問やコメントはこちらからどうぞ!