【ピラティス完全ガイド】初心者から全てのピラティスに興味のある方へ。どこよりも詳しく解説します!

ピラティス(Pilates)はまだヨガと比べるとマイナーで、「なんだかよくわからない!」という人も少なくありません。

でも、実はピラティスはどんな人にも効果のあるとてもシンプルなエクササイズなのです。

ピラティスインストラクター・理学療法士(リハビリテーションの専門家)である管理人がピラティスについて詳しく解説します!

 

【ピラティスの基礎】ピラティスってなに?どんな効果あるの?

まずは「そもそもピラティスってなに?」ということを知りたい方はこちら。
ピラティスは「ピラティスさん」という人が提唱したエクササイズです。
とっても簡単に言ってしまえば、誰にでも効果のある健康体操です。

ピラティスとは?どんな効果があるの?

ピラティスの「身体と心を変える」素晴らしい効果

 

【ピラティス初心者へ】ピラティスの始め方を解説します。

ピラティス初心者向けの記事。
ピラティスを始めようと思ったらまずは読んでみてください。

ピラティスの始め方】初心者にオススメな服装・マット・本を解説

初心者におすすめなピラティスのレッスンの受け方-料金も詳しく解説-

ピラティスはどれくらいやれば効果がでるの?

ピラティス初心者はマンツーマンレッスン・グループレッスンどちらを受ければいい?

 

 

ピラティスをするときにあると役立つ!おすすめアイテム・本

・ピラティスこれから始めようと思っている方。
・すでにピラティスをしている方。
・ピラティスを指導している方。
どんなひとにもきっと役立つ、おすすめなアイテム・本を紹介してゆきます!

ピラティスで使うと効果を一気に高めるアイテム一覧

ピラティスウェアの選び方-効果を高めるポイント4つ-

専門家が選ぶ!おすすめなピラティス関連の本・DVD

 

 

ピラティスで健康的にダイエットしよう!

女性は必見のコーナー!
ダイエット目的にピラティスを始めてはいかがでしょうか?
ピラティスはダイエット効果があります。
しかも、健康的でスラッとしたしなやかなスタイルを目指せます。

1)ピラティスとダイエットの関係を詳しく解説!

2)ピラティスで小尻・美尻を目指そう!エクササイズを解説

3)【簡単】ピラティスでウエストのくびれを作る方法を解説

4)ピラティスで健康的に痩せたい人必見!おすすめ本・DVD

 

 

ピラティスで産前・産後のケアをしよう!

ピラティスは出産前・出産後の女性の身体のケアとしてもとても効果的な方法です。
出産は女性にとって一大イベント!
その後のケアがとても大切なんです。

1)産前・産後の「骨盤のゆがみ」はピラティスで整えよう!

2)産前・産後の「体型変化」「尿もれ」「腰痛」の症状はピラティスで解消できる

 

 

実は男子にもピラティスはおすすめ。

ピラティスは女性がするというイメージがあるかもしれませんが、男性でもピラティスをしているひとは増えていきています。
ちなみに、ピラティスを提唱した「ピラティスさん」は男性です。
どんな男性にピラティスがおすすめか?について解説しています。

1)男子もピラティスしよう!-専門家がおすすめしたいのはこんなひと-

2)「関節が硬くて筋トレ好きな男性」にこそピラティスが効果がある理由

 

 

ピラティススタジオの選び方・地域別のおすすめなスタジオ一覧

「さぁ、ピラティスをしよう!」「ピラティスのレッスンを受けてみたい!」
と思ったあなた。
ピラティススタジオは首都圏を中心にとてもたくさんありますよ。
どこに行くか迷ってしまったら読んでみてください。
ピラティススタジオの選びかたのポイントを詳しく解説しています。

1)ピラティススタジオ・ピラティス教室はどこがいい?-選び方のポイントを詳しく解説-

2)【東京・横浜】おすすめな体験レッスンの受けれるピラティススタジオ

3)【大阪・京都】おすすめな体験レッスンの受けれるピラティススタジオ

4)【名古屋】おすすめな体験レッスンの受けれるピラティススタジオ

 

 

ピラティスインストラクターになるには?その働き方は?

ピラティスインストラクターには養成コースに入って、勉強をして試験をパスする必要があります。
養成コースも団体によって様々で最初はどこにするかとっても悩みます。
自分の今後の働き方や目標によってインストラクターの資格の生かし方は変わってきますので、将来的なビジョンも考えながら養成コースを選ぶようにしましょう!

1)ピラティスインストラクター養成コースの費用・場所・期間を徹底比較

2)ピラティスインストラクターの資格を持った理学療法士の働き方6パターン

3)【ピラティスイントラクター養成コース】なぜBASIピラティスを選んだの?

 

 

【医療職の方へ】ピラティスが医療職にもおすすめな理由

ピラティスはリハビリテーションが起源のエクササイズなので医療職が勉強するにもおすすめです。
特に予防医学に興味のある方はぜひ!
勉強をしなくても、まずは体験してみてください。きっと気づきがあるはずですよ!

1)ピラティスに興味のある理学療法士はぜひ読んでほしい。-ピラティスリハビリの臨床にも役立つ-

2)現役女性看護師がピラティスを実践し、インストラクターを目指した理由

 

 

【専門家向け】ピラティスで重要なインナーマッスルを解説

ピラティスはインナーマッスルを刺激することで、姿勢を改善したり関節への負担を軽減させることができるのでリハビリテーションとしても有効な手段です。
ピラティスのエクササイズをする上でカギとなる代表的なインナーマッスルについて図を多く用いて機能解剖学的に解説をしています。

1)【絶対におさえておきたい】体幹の重要なインナーマッスルはこの⑤つ!

2)骨盤底筋群とは?鍛える方法は?-機能解剖からトレーニング方法まで-

3)ピラティスはなぜ呼吸を大切にするのか?横隔膜と呼吸・自立神経・姿勢の関係からわかりやすく解説